ブログトップ

屋根裏部屋の休日

お天道様に背中を向けて歩く・・・ 日陰育ちの人形者で御座います。


by 迷探偵
プロフィールを見る
画像一覧

ティータイム(闇修行・・・星空とドール)

こんばんわぁ~

撮影スタイルを星空とドールに決め、取り敢えずは星空が撮れない事には話しにならないので、星空や夜景や天体等を撮影している方の撮影方法や撮影条件、撮影に必要な機材なんかを調べたのち、実際に撮影に臨んだのですが、そうは簡単に撮れるものでは無かった・・・
という、この1ヶ月間の星空撮影経験談です。(おまけ付き)

夜の撮影と言うと、夜景や天体(月や星座や天の川)の写真はよく見掛けるのですが、ドールの写真となるとあまり見掛けません。
ドール撮影するのに、わざわざ夜中にやらんでも・・・って私も思います。
しかし、星空は夜じゃないと撮れないし、天候や街の灯り等の撮影条件にも左右されます。

私の場合、霊障も考えると・・・撮る場所も限られてしまいます・・・(・"・;) ウッ
連れて来ちゃったり、ドールに宿っちゃったりしたら大変ですので、ロケハンがとても重要事項なのです。
これは夜に限った事ではなく、昼間でも危ない所は危ないので、うっかりそういう場所に立ち入らない様に注意が必要です。
自分は大丈夫・・・(((((¬_¬) フンッ って思わずに、厄除け魔除けのお守りを持参する様にして下さいね。
ちなみに私は、3つの神社のお守りを常に携帯し、守護石の水晶もカバンに入れて持ち歩いてます。(どんだけ・・・^^;)
交通安全とか安産とか商売繁盛等のお守りじゃダメですよ・・・(;一_一)
霊障は、人間の霊だけでは有りませんから、甘く考えない様に注意して下さい。~~~~~~~(m ̄ー ̄)m




さて、オカルトブログになりそうなので、本題に入りましょう。

まずは、撮影条件についてです。

一言で言ってしまうと「肉眼で星が見えないと撮れません」以上!・・・Σ(- -ノ)ノ エェ!?
まぁ・・・簡単な話し、昼間に星が見えないのと同じで、月の灯りや街の明かりが空を明るく照らしてしまうからです。雲が障害物になって撮れない場合も有りますので、天候条件も重要になって来ます。国立天文台の「天文情報」で、月の出入りや位置が確認出来ますので参考にして下さい。
より詳しく知りたい場合は「暦計算室」で地域別の月の状態が解かります。天体の勉強も出来る良いサイトです。(^ー^* )フフ♪
f0377222_17260875.jpg
天候条件に関しては「ウェザーニュース」で確認出来ます。雲の流れが衛星画像で見れるので便利ですよ。ピンポイント情報も有るので、行く所の近くを調べてから行くと現地で慌てなくて済みますね。但し、山の天気は急変しますので、ウチを出る時は雲一つない晴天でも、現地に付いたら雷雨だった・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ って事も有りますので、雨が降ってる時の撮影場所も見付けておくと無駄足にならずに済みますよ・・・ね♪(* ̄  ̄)b “(--;)素直に帰れよ・・・

間違っても川なんか見に行ったらダメですよ・・・d(゜ー゜*)もう滝なんて凄い事に・・・(-_☆)キラン≡シュッo(   )○☆)*゜□゜)ノウギャ!
諦めて帰って下さい・・・d(・・〃) 間違っても雷撮ろうなんて・・・((((≪ぢゅどーん!!!≫)))))(:D)┼─|

山の悪天は想像以上に危険ですので、短時間の雨でも道が流れて無くなってたりします。特に夜間は視界も悪いので、早めの撤収を心掛けて下さい。


参考画像:我が国の経済を支える2兆円の光害、これはこれで綺麗なんですけどね(^^;
(SS-1/5 f/4 ISOー6400 120mm)
f0377222_17451602.jpg
参考画像:2兆円の光害にも負けない無限の宇宙に広がる星の雫、山の入り口付近だとこの程度ですね。
(SS-10 f/4 ISOー2000 24mm)
f0377222_17511634.jpg
天候にも恵まれ、新月で月明かりも無い、絶好の星空撮影日和であっても、カメラだけでは星空を撮影する事は出来ません。
星空を撮影するには、最低限の機材が必要になります。

まず重要なのが、カメラを固定する三脚です。一脚ではダメですよ。
星を撮影するのにシャッターを数十秒開けっ放しにしますので、その間、動かずに持っていられる人は、もう既に人間では無くなってる人ですね。
でも、三脚なら何でも良いかと言うと・・・そうでもないんですよねぇ~ 絶対にブレない三脚である事はもちろんですが、雲台もしっかりした物でないと狙った星が撮る時に何処かへ行ってしまいます。数万光年も離れてる点ですからね、1mmズレたら数万光年先ではいったいどのくらいの距離になってるんでしょう?太陽1個分とか銀河1個分とか、天文学的数値である事は間違いないと思います。まあ・・・興味のある方は計算してみて下さい。(^^;
それと忘れてはならないのが、地球は回ってると言う事です。太陽の周りを公転しながら自転してるので、とんでもない速度で星は移動してしまいます。

参考までに、日本の位置で地球は東方に1300km/hで回転しています。飛行機が目的地とは違う方向に飛んで行くのは、地球の自転を計算しているからなんですね。

私は決まった星とか星座や天体が撮りたい訳では無いので、ズレ動いてしまっても全然構わないのですが、有名な星座くらいは捉えておこうと思い「北斗七星」を狙って撮影しました。初めは北の空に見えていた北斗七星ですが、時間と共に真上に来ます。それに合わせてカメラも徐々に上に向けるのですが、途中からパンハンドルが三脚に当たる様になります。なので、いつもとは逆の付け方をすると、パンハンドルがレンズの方に有るので、カメラを真上に向ける事が出来ます。パンハンドル回す時に、回す方向を間違えない様に気を付けて下さいね。せっかく合わせた方角がズレてしまいます。
f0377222_20133345.jpg
高価な三脚は買えないので、低い三脚で安定度を高めています。
軽いしね・・・小さいしね・・・地べたに座ってモニター見ながらゴソゴソ設定している光景は、傍から見たらとても怪しい光景なのでしょう・・・
あっ!・・・三脚の脚が逆でした・・・(^^ゞ

有ると便利なのがリモコンです。シャッターを手元で押せるので、カメラのブレ対策で必要になります。タイマー機能を使っても良いのですが、設定時にシャッター半押しとかも出来るので、1回使ってしまったら手放せないアイテムです。色んな機能が付いてるのは何万円もしますが、シャッター押すだけのリモコンなら数千円で買えるので、悩む事なく購入出来ます。
星空を撮る時は、手振れ補正やAF機能をオフにしますので、三脚同様に必須アイテムと思って下さい。
現地で撮影してると解かる事ですが・・・

暗いよぉ~怖いよぉ~寒いよぉ~ ってなります・・・(^^;

極力、省ける操作は省いて、撮影に集中出来る様にしないと、設定間違えたり忘れたりします。
今回は星空とドールを多重露出と言う方法で撮影したため、シャッタースピードもISOもピントも合わせ直す必要が有りましたが、何回か忘れて撮ってしまい、精神的に凹みます・・・( ( (__|||) ) ) どよぉ~ん。。。
落ち着いてやってるつもりなのですが、夜の撮影は精神的修行も必要な様です。


後はレンズフィルターですが、これは個人差と言うか好みも有りますので、どうしたいのかは、あなた次第です・・・
星空を撮影する時に使うのは、ソフトフィルターと言う被写体をぼやかして柔らかくするフィルターです。このフィルターを付けて星を撮ると、明るい星がぼやけて大きく写るんです。このぼやかし方に好みが有って、フィルター効果を強くすると星は大きくなるのですが消えてしまう星も有ります。風景も一緒に撮るとなると、風景もぼやけてしまってピンボケの様な感じになってしまいます。効果が弱いと、フィルター付けてる意味が無い星空になってしまいます。効果の違うフィルターを付け替えて撮れたら良いのですが、フィルター揃えるだけでレンズが買えてしまう・・・Σ(- -ノ)ノ エェ!?
星空カメラマンなら持ってて当たり前なのでしょうが、私は人形カメラマンなのでメインはドールなのですよ・・・ヾ(¬。¬ )

って事で・・・
散々迷った挙句、 Kenko レンズフィルター PRO1D プロソフトン [A] (W) を選択しました。
フィルター効果的には弱い方なのですが、いつか購入するであろう「超広角レンズ」にも対応しているから・・・それだけの理由です。
まぁ・・・星空を真剣に撮りたくなったら、効果の強い[B]を買えば良いよね(^^;

参考画像:ソフトフィルター無し
(SS-10 f/4 ISOー2500 24mm)
f0377222_22003059.jpg

参考画像:ソフトフィルター有り
(SS-20 f/4 ISOー3200 24mm)
f0377222_22020342.jpg
どうでしょう、場所が違うので写ってる星の数も違いますが、同じレンズで撮影したものです。
私的にはフィルター効果は十分と思ってます。赤道儀使って星空撮る様な事が有れば、効果の強いのが欲しくなると思います。
もう一つのフィルター効果として、固定カメラで星を撮るとシャッターが開いてる時間だけ星の軌道が出来てしまいます。星が点ではなく線になってしまうんですね。それをフィルターでぼやかす事によって、大きな点にしている訳です。
誰が考えたのかは知りませんが、この効果は凄いなぁ~

後ね、フィルター効果が強いと、ドール撮って星空撮る時にフィルターを脱着する作業が増えます。これくらいの効果だったら付けっ放しでもいけるかな?っていう面倒臭いの大嫌いな私にはちょうど良い感じなのです。(⌒^⌒)bうん


さて・・・今回1番の問題だったのが、目の前のドールと数万光年離れた星を、どう撮るか?・・・ヽ(~~~ )ノ ハテ?
だったのですが、超広角レンズを使えば1枚撮りが可能な事が判明しまして、目的に有ったレンズを使うのは当たり前・・・
チャンチャン・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

それで済ます訳にもいかないので、今ある機材で何とかしてやろうじゃないか・・・((( ̄へ ̄井) フンッ
って事で思い付いたのが多重露出撮影・・・(・・∂) ? よく見るのは、都会のビルの間に大きな月が写ってるやつね。
同じ画面に複数の違う画像を合わせてしまうという特殊撮影方法です。
この方法なら、近くの被写体と遠くの風景を合わせて撮る事が出来るじゃないか・・・ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

ここからが大変だった訳でして・・・
カメラの設定を多重露出にセットして、まずはせっちゃん撮ります。続いて、外へ出て空を撮ります・・・(((o(^。^")o)))ワクワク
空に浮かんでるせっちゃんを想像していたのですが・・・(・・∂) アレ?

空・・・何処行った・・・(・_・ ) ( ・_・) ドコドコ

その時の写真がこれ・・・
f0377222_22520696.jpg
多重露出って・・・単純に2枚撮れば良いんじゃないのね・・・(;一_一)

光の三原色の勉強しちゃったわよ・・・(ノ_-;)ハア…
シャドー部分にしか画像は写らないらしい・・・って事は、暗室作ってスポットライトでせっちゃん撮ってから空撮れば良いんじゃね?
よし、屋根裏部屋を真っ暗にするよぉ~ 仕事中に何してんだか・・・ヾ(ーー )ォィ

屋根裏部屋を暗室状態にして、黒背景の前にせっちゃんを立たせて、ショボいペンライトで照らす・・・
スピードライト使ったら明る過ぎてライトの輪が出来てしまった・・・(´・ω`・)エッ?

そんなこんなで、ようやく撮れたのがこれです。
f0377222_23084163.jpg
せっちゃん・・・デカくね?・・・(〟-_・)ン?

撮った1枚目が、そのままファインダーに残っててくれると配置とかも見ながら撮れるのにね・・・( ̄-  ̄ ) ンー
あぁ・・・1枚目を撮る時に配置をイメージして撮らなきゃダメなのね・・・w( ̄△ ̄;)wおおっ!

ちょっと前なら覚えてられるが、3歩歩いたらちと覚えてられねぇなぁ~・・・壁|ヽ(* ̄・ ̄)y-゜゜゜

それから暫くして、小さく撮るには場所が狭い事に気付き、とにかく多重露出の練習をしていたのでありました・・・
せっかくなのでもう1枚・・・
f0377222_23283151.jpg
何とか星空も撮れる様になったし、多重露出撮影も何とかなるだろう・・・たぶん・・・(^^;

さぁ・・・せっちゃんと初の深夜野外遠征です。夜のデートみたいでちょっとドキドキ・・・(^ー^* )フフ♪
せっちゃん的には深夜俳諧らしいです。

そして、そのドキドキが気持ちの高ぶりのドキドキでは無かった事に気付くのでした・・・




何枚か試写したのですが、イメージしている構図と全然違う写真しか撮れません・・・o(´^`)o ウー
焦りからか、ピント合わせるの忘れたり・・・シャッタースピード設定を忘れたり間違えたり・・・(・・?))アレ((?・・)アレレ・・・
撮れば撮るほど何かがダメ・・・ どうしたんだろう?どうすれば良い?
f0377222_00021373.jpg
配置を変えたり、撮る方向を変えたり、色々試してみましたが上手く撮れません。
そうこうしている間に、北斗七星は上昇し、真上辺りまで来てしまいました。
f0377222_00080125.jpg
シャッターが開いている間にピントリングを回してピントを合わせる、という方法が有るって聞いた事が有るのですが、やり方が解かりません。
ライトの当て方も間違ってる様な気がして来ました・・・
f0377222_00090471.jpg
色々と試してみたかったのですが、何をどうしたら良いのか・・・
思考回路は完全停止状態で、知識と経験とはこういう事か・・・と、自分に問いかけては、知識と経験の無さを再確認する。
暫くはこれの繰り返し・・・
f0377222_00223585.jpg
そして、ある事に気が付きました。(o・。・o)あっ!そっか。

イメージしている構図自体を撮った事が無い・・・(_ _。)

思わず笑ってしまいました・・・(T▽T)アハハ!
f0377222_00230413.jpg
イメージしてる構図が簡単に撮れたら、相当なセンスの持ち主なんでしょうが、私にはそのセンスが無かったようです。
構図の撮影からやり直しですね。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪


今回の撮影で解った事が有ります。
星空を撮る時は、暗い服じゃなくて明るい服で撮らないと、服に星が写ってしまうと言う事・・・
もっと広い場所で夜景をバックにすれば、フラッシュ撮影も可能と言う事・・・

あと・・・夜は、せっちゃんがとても大人びて見えるって事かな・・・(^ー^* )フフ♪


ちょっぴり・・・かなり・・・楽しくなって来ました・・・(o^-^o) ウフッ♪





おまけ・・・~~~~~~~(m ̄ー ̄)m
こんなフィルターも買ってみました。
f0377222_01053567.jpg
f0377222_01060631.jpg
せっちゃんの写真撮るの楽しいぃ~《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~♪















[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by enma_3287 | 2017-05-05 03:45 | 撮影 | Comments(0)